2013年09月15日

久しぶりに山へ行きました

9月14日に久しぶりに山へ行ってきました。


夏の間は忙しく、全く山へ行く時間がありませんでした。


林道や枯損木の様子も気になっていたのですが、今回の山行きの目的は実の成り具合を見ること。


もうすぐ種子採取のシーズンに入るというのに、全く下見に行けていなかったのです。


山へ入ると涼しい風が吹き、とても気持ち良かったです。


お天気も薄曇りで、山歩きには最高でした。


行く先々で、秋の訪れを感じることができました。


P1050292.JPG


今年はクリがよく成っています。反対にトチの実は不作のようでした。


カマツカ・サワフタギ・マユミ・アオハダといったキレイな実はまずまずの出来です。


あとはミズキが成り年のようで、多くの実をつけていました。


コハウチワ・ハウチワ・イタヤ・コミネ・イロハといったカエデ類はほとんど実を見ることができませんでした。ちょっと心配ですね。


チドリノキだけはたくさん実をつけた個体がありました。



キタヤマブシもキレイに咲いていました。


P1050294.JPG


posted by 京都市森林文化協会 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。