2013年10月18日

秋の野外体験塾

10月13日に秋の野外体験塾を開催しました。


9月22日に予定をしていたのですが、16日の台風によって花脊峠がバスが通れないほど被害を受けていたため、延期をさせていただきました。


今回のプログラムは収穫の秋にふさわしく魚釣りとお芋ほり。


まずは自分だけの竹竿を作ります。


クラフトバサミを使って自分の身長より少し短めに切って、枝や葉っぱを取り除きます。


P1050585.JPG


釣り糸(テグス)を結ぶのが難しい!頑張って作った竿を持って魚釣りを体験しに行こう!


魚はニジマスを準備しました。釣れるかな?


P1050583.JPG


結果は釣れた人と釣れなかった人と半々ぐらいでした。


残念ながら釣れなかった人には魚つかみで魚をゲットしてもらいました。


お昼ごはんは釣った(捕まえた?)ニジマスのホイル焼きと飯ごうで炊くしょうがごはん。豚汁もつきました。


お昼ごはんを食べた後はみんなでお芋ほりへ行きました。


でっかい芋ほったどー。


P1050592.JPG


お土産にお芋を持って帰ってもらいました。


今回のイベントも参加者の方に大きなケガなく終わることができました。


延期にもかかわらずご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
posted by 京都市森林文化協会 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伏条台杉トレッキング下見

久々の更新です。


花脊をはじめ京北や広河原、芦生には伏条台杉と呼ばれるスギが点在しています。

日本海側や内陸地の多雪地域に分布するスギは、垂れ下がった枝や幹が地面に着くと、そこから新たな根を出して幹として生長していく伏条更新と呼ばれる性質を持っていることがあります。

京北の片波川源流域の伏条台杉が有名ですが、花脊にも負けず劣らず素晴らしい台杉群があります。


20日に予定している伏条台杉トレッキングの下見に行ってきました。


P1050538.JPG

元々が一本の木なのか、何本かが癒着してこの姿になったのかさえわかりませんが、雪の重みや尾根筋の突風に耐え、なんとかして生き抜いてきた姿は素晴らしいです。

毎年来ていますが、昨年と全く変わることのない雄大な姿に圧倒されます。

数百年の時を生きる台杉にとって、1年や2年は取るに足らない時間なのでしょう。

P1050543.JPG


井ノ口山の林道の入口から片道2時間程度の行程です。

私有地であるため平素は立入ができません。

posted by 京都市森林文化協会 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

天体観測

8月12日に「天体観測」を行いました。


この日はペルセウス座流星群が最もよく見える日。40名を超える参加者がありました。


なんと青少年科学センターから専門の講師に来ていただいて、解説をしていただきました。


この日は素晴らしい快晴!!雲一つなく、空気も澄んで素晴らしい星空が望めました。


まずは大階段に座って、説明を聞きます。


P1050096.jpg


一通り説明が終われば、芝生広場に敷いたブルーシートの上に横になり、星空を見上げての観察会です。


周辺の灯りを消せば、今まで見えなかった満天の星空が浮かび上がってきました。


周囲に灯りのない花脊は星空観察には最適です。


P1050103.jpg


街中では肉眼で見ることが難しい天の川も見えていました。


要所要所でアルビレオなど美しい星を科学センターよりお持ちいただいた望遠鏡で見せていただきました。


P1050109.jpg


最後は今日のおさらい。


P1050117.jpg



花脊に住んでいるスタッフでもなかなか見ることができないほど良いコンディションでの観察会だったとのことです。


科学センターの講師も「これほどキレイに見える時はあまりない」と言っておられました。


星空を何度も写してみたのですが、なにをしても写らず…。やはり自分の眼で見るしかないようです。


スマホや携帯の灯りでさえ、見えなくなってしまうほどのわずかな輝き。


そのわずかな輝きが集まった時の感動は言い尽くせません。


また、観察会中の1時間ほどの間でも3〜4個の流れ星を確認することができました。


気づかずに流れてしまったものもあったと思いますので、小さいものも含めればきっと10個以上の流星があったのではないでしょうか。


講師の方の話もとても興味深く、面白いお話でした。解説があるとこんなにも違った見え方がするものかと驚きました。ただのキレイな光の集合だった星空に、本当に白鳥やイルカの姿が浮かんで見えてきました。
本当に素晴らしい観察会だったと思います。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
また、遠路はるばるお越しいただいた講師の方々にも厚くお礼を申し上げます。
posted by 京都市森林文化協会 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。