2013年09月15日

久しぶりに山へ行きました

9月14日に久しぶりに山へ行ってきました。


夏の間は忙しく、全く山へ行く時間がありませんでした。


林道や枯損木の様子も気になっていたのですが、今回の山行きの目的は実の成り具合を見ること。


もうすぐ種子採取のシーズンに入るというのに、全く下見に行けていなかったのです。


山へ入ると涼しい風が吹き、とても気持ち良かったです。


お天気も薄曇りで、山歩きには最高でした。


行く先々で、秋の訪れを感じることができました。


P1050292.JPG


今年はクリがよく成っています。反対にトチの実は不作のようでした。


カマツカ・サワフタギ・マユミ・アオハダといったキレイな実はまずまずの出来です。


あとはミズキが成り年のようで、多くの実をつけていました。


コハウチワ・ハウチワ・イタヤ・コミネ・イロハといったカエデ類はほとんど実を見ることができませんでした。ちょっと心配ですね。


チドリノキだけはたくさん実をつけた個体がありました。



キタヤマブシもキレイに咲いていました。


P1050294.JPG


posted by 京都市森林文化協会 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

天体観測

8月12日に「天体観測」を行いました。


この日はペルセウス座流星群が最もよく見える日。40名を超える参加者がありました。


なんと青少年科学センターから専門の講師に来ていただいて、解説をしていただきました。


この日は素晴らしい快晴!!雲一つなく、空気も澄んで素晴らしい星空が望めました。


まずは大階段に座って、説明を聞きます。


P1050096.jpg


一通り説明が終われば、芝生広場に敷いたブルーシートの上に横になり、星空を見上げての観察会です。


周辺の灯りを消せば、今まで見えなかった満天の星空が浮かび上がってきました。


周囲に灯りのない花脊は星空観察には最適です。


P1050103.jpg


街中では肉眼で見ることが難しい天の川も見えていました。


要所要所でアルビレオなど美しい星を科学センターよりお持ちいただいた望遠鏡で見せていただきました。


P1050109.jpg


最後は今日のおさらい。


P1050117.jpg



花脊に住んでいるスタッフでもなかなか見ることができないほど良いコンディションでの観察会だったとのことです。


科学センターの講師も「これほどキレイに見える時はあまりない」と言っておられました。


星空を何度も写してみたのですが、なにをしても写らず…。やはり自分の眼で見るしかないようです。


スマホや携帯の灯りでさえ、見えなくなってしまうほどのわずかな輝き。


そのわずかな輝きが集まった時の感動は言い尽くせません。


また、観察会中の1時間ほどの間でも3〜4個の流れ星を確認することができました。


気づかずに流れてしまったものもあったと思いますので、小さいものも含めればきっと10個以上の流星があったのではないでしょうか。


講師の方の話もとても興味深く、面白いお話でした。解説があるとこんなにも違った見え方がするものかと驚きました。ただのキレイな光の集合だった星空に、本当に白鳥やイルカの姿が浮かんで見えてきました。
本当に素晴らしい観察会だったと思います。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
また、遠路はるばるお越しいただいた講師の方々にも厚くお礼を申し上げます。
posted by 京都市森林文化協会 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の野外体験塾B

8月10日・11日に「夏の野外体験塾」の3回目を行いました。


初回・2回目は定員をやや超える程度の応募でしたが、3回目となる今回は定員の4倍を超える応募をいただきました。

できるだけたくさんの方にご参加いただきたいのですが、ツリークライミングや安全管理を考えるとやはり20名が精いっぱい…。


抽選に漏れてしまった皆様、申し訳ありませんでした。今後も楽しいイベントを企画しておりますので、是非ご参加くださいね。


さて、今回はお天気には恵まれました。しかし猛烈に暑い!!


振り返ってみると今シーズン最も暑い日での開催でした。


涼しい花脊でも夜9時で28℃!朝は22℃ぐらいまで下がっていましたが、とても寝苦しい夜となりました。


ただ、街中にいればもっともっと暑かったと思いますので、まだ良かったのかも…?


今回もまずはツリークライミング!


P1050045.jpg


今回のツリークライミングは本当に暑かったです。


真夏にやるもんじゃないかも…。


それでも参加者のみなさんの感想には「ツリークライミングが一番おもしろかった!!」と書いていただいた人が多かったです。


夜はいつものバーベキュー。


P1050052.jpg


そして今回もやりますキャンプファイヤー。


P1050058.jpg


今回のファイヤーは豪快ですねー。


ただ、2回目ほどの盛り上がりはなかったかな…?


それでもすごく楽しかったですよ。


翌日は川へ。


イカダ作りでも3回目のS君の姿が見えます。


P1050061.jpg


もう名人です。参加者のお父さんにも喜んでいただきました。


こっちはもんどり作り。「見せてー」と言ったら……


P1050070.jpg


水鉄砲もよく飛ぶかな?


おしっこみたいになってます。


P1050068.jpg


今回は大きい子が多かったため、川遊びも豪快!


せっかく作ったイカダはそれほど人気がなく…。


魚を捕まえたり、深いところまで泳ぎに行っていました。


大きな岩から飛び込み!!


P1050086.jpg


最後はピザ作りです。


P1050078.jpg



今回のイベントも参加者の方に大きなケガなく終わることができました。


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


例年1回のみの「夏の野外体験塾」ですが、今年は3回実施しました。


参加者が集まるか不安もあったのですが、定員を大きく上回る応募をいただき、大変光栄に思っています。


ほぼ同内容で3回行ったのですが、天候、参加者のみなさんの年齢や性格、家族構成などによって全く違ったイベントとなりました。

初回はお天気に悩まされました。予定を大幅に変更し、実施できなかったプログラムもありました。それでも参加者の皆さんには楽しんでいただけたのではないかと思っています。

2回目は実参加者はもっとも少なく、年齢も小さい子が多かったです。ツリークライミングやイカダ作りはちょっと難しかったけど、キャンプファイヤーは大いに盛り上がりました。

3回目は定員20名一杯の実参加者がありました。大きい子が多かったためか、ツリークライミングが最も人気がありました。なにより気温が高く、熱中症等に気を配りながらのイベント開催となりました。


3回を通して大きなケガなく終われたことがなによりでした。
ここには書ききれないこともたくさんありました。
参加者のみなさん、特に子どもたちから多くのことを学びました。
本当にありがとうございました。スタッフ一同御礼申し上げます。

秋以降も楽しいイベントをたくさん用意しています。
また楽しい交流の森へのご来園お待ちしています。
posted by 京都市森林文化協会 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。